資格に絶対受かるための通信・通学の学習方法の選び方

資格スクエアの画像
試験突破のコツプレゼント!

資格はなるべく効率よく合格したいもの。通信・通学どちらを選ぶべきか比較しました。

学習方法に迷ったら、参考にしてみてください。

 通信講座通学講座
メリット時間と場所を選ばない
隙間時間が活用できる
対面なので疑問をすぐ解決できる
実技にも対応しやすい
デメリット自己管理が必要
実技の実践の機会が少ない
通学時間・場所を拘束される
費用が高額になりやすい

学習方法の選び方のポイント

学習方法を選ぶ時に考えておきたいポイントは、費用・時間・試験内容の3つです。

費用:自分で支払い可能な範囲の費用か?

時間:通学の場合、通学時間も含めて時間の捻出は可能か?

試験内容:試験内容が対面でないと難しい内容か?(実技試験を伴う場合、通信よりも通学が手厚く指導が受けられる)

どんなタイムスケジュール・費用・勉強方法で資格の勉強をするのかシュミレーションをすると、より自分にあった学習方法が見えてきます。

通信講座の学習方法の特徴

通信講座は通学が不要で隙間時間を活用しやすく、忙しい会社員に人気です。

近くに通学施設がない方が資格取得を目指せるのもメリットでしょう。

一方、実技試験を伴う試験の場合、対面での指導が受けられず通学に比べて対策が劣りがちです。簿記や宅建、TOEICなど実技試験が不要な資格の取得がおススメです。

まとまった時間が取りにくい、会社員・小さい子供のいる世代の方などにおすすめの学習方法と言えます。

通学講座の学習方法の特徴

通学講座は他の受講生と対面講義を一緒に受けます。質問が即時に解決しやすい点や一緒に資格取得を目指す仲間がいる点がメリットです。

しかし、費用が高額になりやすく時間と場所を拘束される点がデメリットと言えます。

介護やネイリストなど実技が必要な資格は、対面での実技対策講座で実践的なスキルを身に付けやすいので、通信よりも通学講座で学ぶ方が効率がよくおススメです。

比較的時間に余裕のある学生、フリーター、シニア層などにおススメできる学習方法です。

通信・通学の特徴を理解し、無理なく資格取得を!

 通信講座通学講座
メリット時間と場所を選ばない
隙間時間が活用できる
対面なので疑問をすぐ解決できる
実技にも対応しやすい
デメリット自己管理が必要
実技の実践の機会が少ない
通学時間・場所を拘束される
費用が高額になりやすい

資格取得のための学習方法にも、目指す資格やあなたのライフスタイルによって最適な方法は異なります。

やる気を継続させやすい、最適な学習方法を選んで合格を目指しましょう。

資格スクエアの画像
試験突破のコツプレゼント!